本文へジャンプ

弁護士紹介

一覧へ戻る

内海 陽子

取扱の多い分野

医療事故・過誤事件、子どもに関する事件(少年事件・児童虐待など)、家族に関する件(離婚・相続・遺言・後見など)、行政事件

所属 / 卒業

兵庫県弁護士会所属 / 京都大学法学部

主な活動

  • 日本弁護士連合会 子どもの権利委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 子どもの権利委員会副委員長
  • 総合法律センター運営委員会委員
  • 高齢者・障害者総合支援センター委員会委員
  • 兵庫県児童虐待等対応専門アドバイザー
  • 元神戸市子ども家庭センター(児童相談所)虐待ケース検討会嘱託弁護士
  • 第44回全国保育団体合同研究集会(神戸)神戸地域実行委員会委員長
  • 元医療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業兵庫地域評価委員

モットー

出会いを大切に、最善の解決方法を

困っている方の力になりたいと思い、弁護士になりました。興味を持っている分野はもちろん、それ以外の分野でも、様々な事件との出会いで成長してきました。これからも多くの出会いを大切にしたいと思っています。

また実際に事件と関わっていく中で、問題の解決方法は様々であることを感じています。依頼者の方とよく話し合い、その方にとって、またそのケースにおいて最善の解決方法を一緒に考え目指していきたいと思っています。

一言

子ども達が大人になったときにも、平和に安心して暮らせる社会を。

↑このページのトップへ