本文へジャンプ

弁護士紹介

一覧へ戻る

吉井 正明

取扱の多い分野

外国人の人権、入管手続き(在留資格の申請・更新変更・在留特別許可)、多重債務(債務整理・自己破産・個人再生)、宗教(霊感商法)

所属 / 卒業

兵庫県弁護士会 / 明治大学

主な活動

  • 神戸弁護士会(現兵庫県弁護士会)副会長(1994年)
  • 兵庫県弁護士会 人権擁護委員会委員
  • 元青年法律家協会兵庫県支部・支部長
  • 神戸定住外国人支援センター理事
  • 日本弁護士連合会 人権擁護委員
  • 日本弁護士連合会 人種差別撤廃条約WG座長
  • 近畿弁護士連合会 外国籍調停委員の実現を求めるPT座長

モットー

誠実

国籍の区別なく、すべての人間が平等で平和に暮らせるように

私は司法試験に合格したとき台湾国籍でしたので、外国籍のままで司法修習生に採用してくれるよう申し立てましたが、最高裁から採用を拒否されました。自らの差別を受けた経験をもとに、外国人の人権を中心に、差別されている弱者の救済を念頭に弁護士業務を行っています。
国籍の区別なくすべての人間が平等で平和に暮らせる社会の一助になればと思います。

コラム

↑このページのトップへ