本文へジャンプ

弁護士紹介

一覧へ戻る

大田 悠記

主な取扱分野

一般民事事件、家事事件(離婚、相続、後見、高齢者問題)、少年事件、労働事件、公害環境事件、消費者問題など

所属/卒業

兵庫県弁護士会所属/立命館大学法学部・京都大学法科大学院卒業

主な活動

  • 兵庫県弁護士会 公害対策環境保全委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 子どもの権利委員会委員
  • 高齢者・障害者総合支援センター運営委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 法曹養成制度検討プロジェクトチーム委員
  • 兵庫県弁護士会 憲法問題委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 東日本大震災復興支援本部委員
  • 近畿弁護士連合会 公害対策・環境保全委員会委員
  • 第29回近弁連人権擁護大会公害部門シンポジウム準備実行委員会委員
  • ビギナーズ・ネット神戸支部弁護士代表

モットー

「信念」を貫く

私は、大学時代に環境・公害やまちづくりの問題について研究し、多くのフィールドワーク活動を行ってきました。その中で、反対運動を行う住民の方々と話をし、戦う姿を見て、想いを伝えるために最も大切なことは、「信念」を貫いて行動し続けていくことだと気付かされました。
現在進行する様々な社会問題で強く感じるのは、被害者の「伝えたくても伝わらない、救われたくても救われない」という悲痛な想いです。私は、そのような想いを訴えられず、泣き寝入りせざるを得ない方々の力に少しでもなりたいという強い「信念」を抱いています。
ひとりで悩み、閉ざされてしまうことはとてもつらいことです。どんな小さなことでも大丈夫です。一緒に悩み、考え、一歩ずつ踏み出していきましょう。
何卒宜しくお願い致します。

↑このページのトップへ