本文へジャンプ

弁護士紹介

一覧へ戻る

相原 健吾

取扱の多い分野

労働事件、家事事件(離婚、相続、遺言、後見など)、交通事故、消費者問題、少年事件、刑事事件など

所属 / 卒業

兵庫県弁護士会所属 / 関西学院大学法学部早期卒業・関西学院大学法科大学院修了

主な活動

  • 日本弁護士連合会 司法修習費用問題対策本部事務局員
  • 兵庫県弁護士会 子どもの権利委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 労働と生活に関する委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 消費者保護委員会委員
  • 兵庫県弁護士会 法曹養成制度検討プロジェクトチーム委員
  • 兵庫県弁護士会 サッカー部(K.L.F.C)
  • 過労死等防止対策推進兵庫センター
  • ビギナーズ・ネット神戸支部事務局長

モットー

「未来とは他者である。」

 私は、「困っている人たちを助けて、社会に貢献したい。」「みんなの笑顔を守れる弁護士になりたい。」という夢を描き、法曹の道を志しました。

 「未来とは他者である。」これは学部時代にある先生から教わった言葉です。現状の問題に向き合うことなく諦めてしまえば、そこで終わってしまいます。勇気を出して一歩前へ進めば、未来は、変わるはずです。どんな些細なお悩みでも、ぜひ一度ご相談にお越しください。

 私は、一つ一つの事件に真摯に向き合い、依頼者の気持ちに寄り添って、全力を尽くせる弁護士でありたいと考えております。

 何卒よろしくお願い申し上げます。

コラム

↑このページのトップへ