本文へジャンプ

私にできること

一覧へ戻る

交通事故

私達はいくら気をつけていても交通事故に遭うことがあります。車を運転される方は「もらい事故」で殆ど自分には過失はないのに他の車にぶつけられて大怪我をすることがあります。そんな時相手方が任意保険に入っているからと安心していてはいけません。 保険会社には、自賠責基準と任意保険基準と裁判基準と3段階くらいの基準があり被害者に法的知識が無ければ低い基準で示談させられてしまいます。交通事故の場合は、必ず弁護士に相談して相手の保険会社の示談案が適正なものか事前に相談することが必要です。相手の保険会社の提示額が不当に低い場合裁判に訴えて弁護士費用が掛かってもその方がよりよい解決が得られることも多いのです。保険会社からの提案もこちらの弁護士で査定します。保険会社と示談する前に一度ご相談ください。


<後遺障害の慰謝料における自賠責基準と裁判基準の違い>
(裁判基準は事案の内容により変動します)
後遺障害等級 自賠責基準 裁判基準
第1級 1100万円 2800万円
第2級 958万円 2400万円
第3級 829万円 2000万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円

↑このページのトップへ