本文へジャンプ

私にできること

一覧へ戻る

医療問題

治療のために医療を受けたところ、思わぬ結果が生じてしまうことがあります。それが医療機関のミスにより悪い結果が発生したということであれば、医療事故(医療過誤)ということになります。 しかし、医療機関のミスがあるかどうか、ミスと結果との間に因果関係があるかどうかの判断には、医学の専門知識が必要とされますので、かなり難しい問題となります。 また、そもそも医療現場で何が起こったのかが、わからないということも多くあります。医療の記録はすべて医療側にあり、患者側には手持ちの資料がほとんどないことが多いからです。 そのため、まずは医療機関から記録を取り寄せ、医学的な調査を行った上で、交渉や調停、訴訟を行うことが必要です。 また、内容が専門的であるため、ある程度、医療事故事件についての専門的な知識や経験がある弁護士でなければ難しい分野といえます。 当事務所には、医療事故事件を取り扱える弁護士がおり、まずは、記録の取り寄せ方から、医学的な調査、交渉、訴訟までご相談を受けることが可能です。医療事故にあったかもしれない、とお困りの場合には、是非ご相談ください。

↑このページのトップへ