本文へジャンプ

事業概要

沿革

事務所開設以来、私たちの変わらない願いは「社会的公正」が実現される社会です。

神戸合同法律事務所の50年間

1960年代

開設当初の事務所 市電の背景に開設当初の事務所が見られる(「神戸市電・阪神国道線」小林庄三氏著書より)

神戸合同法律事務所は、1966年4月に田中唯文(故人)、堀田貢(故人)、宮崎定邦の3人の弁護士によって開設されました。法律事務の処理のみならず人権擁護や平和と民主主義を守り発展させ、憲法を暮らしに生かす活動に法律専門家として寄与するため、協力して事務所を運営する兵庫県で最初の共同形態の法律事務所でした。

↑このページのトップへ

1970年代

丁勲相事件 両親の待つ北朝鮮へ送り出した史上初の勝利事件(1970年)

国道43号線公害規制訴訟 国道43号線公害規制訴訟原告団結成集会(1976年)

さまざまな権利にかかわる運動の発展を受け、事務所のメンバーは、生存権に基づき年金制度の改革を求めた「堀木訴訟」と、その裁判を支援し社会保障を求める運動、「国道43号線公害規制訴訟」など公害・薬害訴訟と公害・薬害規制の運動、サラ金・クレジットなどの消費者問題、三菱重工業の「難聴・振動病裁判」など労災職業病裁判、「黄金栄一家国外退去事件」などの在日外国人の権利擁護の活動、部落開放同盟などによる暴力的教育行政介入により引き起こされた「八鹿高校事件」などの被害者救済と責任追及の活動、労働者の権利問題、引き続き「刑事弾圧事件」など兵庫県に生起した多くの権利問題に取り組みました。

↑このページのトップへ

1980年代

国道43号線公害規制訴訟 国道43号線公害規制訴訟(最高裁判勝利裁判)

80年代は公害巻き返しの動きや、革新自治体の相次ぐ崩壊など権利や民主主義の運動は、困難な一進一退の時代となりました。
しかし、それにひるむことなく「スモン訴訟」の和解、国・公団の道路管理の違法を認めた「国道43号線公害規制訴訟」、そして三菱重工業の「難聴・振動病裁判」、黄金栄一家残留確保など、これまでの困難な活動が次々に成果をあげ、空前の規模の「尼崎大気汚染公害裁判」の提訴の実現にも寄与しました。

↑このページのトップへ

1990年代

三菱振動病事件 三菱振動病裁判大阪高裁勝利判決(1991年)

90年代に入り、リゾート法による国土の荒廃、バブルによる地上げと土地や賃料の高騰、相続、破産、豊田商事・霊感商法などの悪徳商法、サラ金・クレジット破産の急増、バブル崩壊とリストラと称する中高年労働者の首切りなど、国民・市民の生活に危機が迫るなか、日弁連を中心とする弁護士会の人権擁護のための具体的な活動が求められる反面、規制緩和を口実にした弁護士会の人権擁護活動に対する攻撃が高まりました。

↑このページのトップへ

2000年代

中国残留孤児兵庫訴訟 中国「残留孤児」国家賠償請求訴訟(2004年)

2000年代に入り、事務所では、さらに新しい弁護士を加え国民・市民の苦難に正面から対峙し、アイフルなど高利金融による被害者救済活動などに力を入れ、2001年ニューヨーク同時多発テロ後、にわかに強まった憲法を変え海外で戦争が行えるようにしようという最悪の動きにも、憲法9条の会や弁護士会での憲法問題の活動にも積極的にかかわってきました。

明石花火大会歩道橋事故民事訴訟

憲法改悪反対学習会

アイフル全国一斉過払請求訴訟

ハンセン国賠訴訟判決

写真左より「ハンセン国賠訴訟判決」(2001年)、「アイフル全国一斉過払請求訴訟」(2005年)、「憲法改悪反対学習会」(2005年兵庫県弁護士会主催)、「明石花火大会歩道橋事故民事訴訟」(2002年)

↑このページのトップへ

2010年代

福島原発事故ひょうご訴訟原告団・弁護団 福島県原発事故により東電と国へ提訴(2013年)

東日本大震災による原発事故、未公開株、社債にまつわる詐欺事件、過労やいじめによる自殺、茶のしずく石鹸による被害、神戸市、西宮市、兵庫県による借上復興住宅問題など、当事務所が依頼者の方々に求められてきた事件は、専門的知識や経験が求められる分野ばかりです。事務所では、11人の弁護士のそれぞれが研鑽し業務に当たり、日々の業務を通じ、それぞれの弁護士が、相互の知識・経験を共有する関係も構築しています。
これからも神戸合同法律事務所は、依頼者の方々からの専門的な相談・依頼に応えられるよう、成長していくとともに、神戸合同法律事務所が個々の弁護士や事務局の専有物ではなく、人権や民主主義を守る活動を支える共有財産であることを肝に銘じ、新たな飛躍を目指して奮闘する決意です。

↑このページのトップへ

事務所の沿革

1966田中唯文(故人)、堀田貢(故人)、宮崎定邦が事務所創立
事務所に青法協事務局と憲法会議事務局を置く
1967堀田貢弁護士
神戸弁護士会副会長就任
1974宮崎定邦弁護士
神戸弁護士会副会長就任
1975事務所が神戸コーポラスに移転
1976神戸合同ひまわりの会結成
1983前田修弁護士
神戸弁護士会副会長就任
1988ホームローヤー制度創設
1989木村治子弁護士
神戸弁護士会副会長就任
1991宮崎定邦弁護士
神戸弁護士会会長就任
1992高橋敬弁護士
神戸弁護士会副会長就任
1993田中秀雄弁護士
神戸弁護士会副会長就任
1994吉井正明弁護士
神戸弁護士会副会長就任
事務所が神戸ハーバーランドセンタービルに移転
2004松山秀樹弁護士
兵庫県弁護士会副会長就任
2007事務所が近畿生活保護支援法律家ネットワークの相談窓口へ
2011辰巳裕規弁護士
兵庫県弁護士会副会長就任

これまで50年間に取り組んできた主な事件

1996●白タク事件
●国際旅連ユニバーサルタクシー事件
1997●奈良生駒山土地境界事件
●全港湾神戸支部高浜運輸分会事件
1968●尼崎ビラ事件
●西宮市職懲戒免職取消事件
1969●丁勲相事件
●民商会員に対する更正処分取消事件
1970●堀木訴訟
●全日検川田、和田他懲戒処分事件
1971●森永ヒ素ミルク事件
●スモン事件
1973●全港湾神戸支部阪神パイロット事件
●全港湾神戸支部早駒分会事件
1974●「解同」による行政教育介入事件
●八鹿高校事件
1975●黄金栄一家強制退去事件
●全港湾阪神支部菱倉運輸未払賃金事件
1976●神戸まつり事件
●国道43号線公害規制訴訟提訴
1977●小牧定織物更生処分事件
●奪われた子どもの人身保護請求事件
1978●高教組強制配転人事委申立事件
●神戸まつり損害賠償請求事件
1979●東灘ガス爆発事故事件
●オリエンタルホテル福島解雇事件
1980●大和運輸平野過労死事件
●全港湾阪神支部三九運輸事件
1981●三菱振動病事件提訴
●兵商連更正処分取消事件
1982●運輸一般関西生コン甲田事件、山下和成事件
●水交会事件
1983●神姫バス婦人労働者人権裁判事件
●西脇中学いじめ受傷事件
1984●原付免許試験受験拒否事件
●運輸一般関西生コン支部ジャパンイーグル事件
1985●西宮市職労ILO職員事件
●郵産労事件
1986●東灘ガス爆発事故判決
●国道43号線公害規制訴訟判決
1987●西宮市職労/西宮市公平委員会大阪高裁判決
●「霊感商法」被害救済神戸弁護団結成
1988●尼崎大気汚染訴訟提起
●関電賃金差別撤回訴訟
1989●本坊/西脇市固定資産税事件
●障害者施設業務上横領事件
1990●堂本労災(過労死)
●高塚高校校門圧死事件
1991●三菱難聴最高裁勝利判決
●山一証券不当勧誘損害賠償事件提訴
1992●国道43号線公害規制訴訟高裁判決
●阪神電鉄保線基地建設差止事件
1993●神戸空港公文書公開請求事件判決
●佐々木建設税金訴訟最高裁判決
1994●野村証券不当勧誘損害賠償事件提訴
●高教組配転取消損害賠償請求事件(稲園高校中村強制配転事件)
1995●中光商事三宮黒ビル倒壊事件
●国道43号線公害規制訴訟最高裁勝利判決
1996●国道43号線公害第二次訴訟
●全税関判決
1997●国道43号線公害規制訴訟和解
●阪神高速高架倒壊責任追及事件提訴
1998●芦屋中央地区区画整理事件
●野村証券不当勧誘損害賠償事件判決
1999●三菱振動病高裁勝利判決
●本坊国賠訴訟
2000●ハンセン病違憲国賠請求事件
●モンテローザ事件
2001●西宮泉町大京マンション事件
●明石歩道橋事故発生
2002●港湾年金未払金請求事件
●明石歩道橋事件提訴
2003●セクハラ教諭への給与支払住民訴訟提訴
●地方公務員減額給与支払請求事件提訴
2004●中国残留孤児事件
●スピード違反取締に「公訴棄却」判決
2005●アイフル被害対策全国会議結成(辰巳弁護士事務局長)
●富士火災外損害保険金請求事件最高裁判決
2006●卓球台転倒製造物責任請求事件和解
●中国残留孤児訴訟勝利判決
2007●神戸市立枝吉保育所廃止処分の仮の差し止め決定
●兵庫で生存権裁判提訴
2009●ワールドオーシャンファーム被害対策弁護団結成
2010●神戸市西区選挙ポスター弾圧事件
●レッド・パージ損害賠償請求事件
2011●港湾年金訴訟で全面勝訴判決
●茶のしずく被害対策兵庫県弁護団結成
2012●小学校教諭くも膜下出血・公務災害事件勝利判決
●高教組配転取消損害賠償請求事件
2013●福島県原発事故により東電と国へ提訴
●過労死等防止対策推進法が成立
2014●障害厚生年金不支給処分取消訴訟で勝訴
●神鉄タクシー事件判決
2015●神戸市・西宮市・兵庫県借り上げ復興住宅問題
●新長田駅南再開発事業土地収用事件
2016●ハンセン病違憲国賠家族訴訟

↑このページのトップへ